『ドローン米プロジェクト』がMakuakeに挑戦します!

自然を第一にする米づくりを続け絶やさない為、志をもった篤農家の想いとその想いに共鳴する消費者を繋げたい。
との想いで、今年5年目を迎える『ドローン米プロジェクト』が、この度クラウドファンディング「Makuake」に挑戦します!
ドローンを活用した自然調和型農業で”美味しいお米”を作り続ける篤農家を、ドローン・ジャパンとともに応援よろしくお願いいたします!!

↓↓↓ ドローン・ジャパン代表・勝俣から皆様へのメッセージ、是非ご覧ください ↓↓↓

ドローン米プロジェクト応援くださり、誠にありがとうございます。

2020年度栽培は、4月から5月初期のコロナでの資材調達の滞り、6月から7月の長雨に悩まされましたが、8月の強い夏の陽射しのおかげで稲の生育を挽回できました。

そして、ドローンでのデータを分析しながら対策を施しつつ、収穫できました。

農薬・化学肥料に頼らない、自然を第一にするお米栽培者を広げていきたい。その為には、

  1. 生産者の汗水・時間に正当なお米のプライシング
  2. 生産者の汗水・時間を少なくする技術開発

の2つが必要です。

ドローンジャパンは、ドローンを道具にして、生産者と購入者をつなげる活動、そして、生産効率をあげられる技術開発をしてまいります。

生産者とドローンジャパンの想いと取り組み=ドローン米プロジェクト、改めてよろしくお願いします!

ドローン・ジャパン株式会社
代表取締役社長
勝俣 喜一朗